芋はよきかな

芋はよきかな。薩摩芋はよきかな。これをくらふ時、人おのづからにして気宇闊大、時に愛嬌こぼるるがごとし。

大君の墾《はり》の広野に芋は作りて、これをしも節米の、混食の料《しろ》とするてふ忝《かたじけな》さよ。つはものは命ささげて海のかなたに戦ふ日を、銃後にありて、身は安らかに、此のすこやかの、味豊かなる畑つものに、舌を鼓し、腹打つ事のありがたさよ、うれしさよ。

芋なり。配給の薩摩芋なり。その形紡錘に似て皮の色紅なるを紅赤とし、形やや短くして紅の色ほのぼのたるを鹿児島とす。[#ここで字下げ終わり]

— posted by id at 02:20 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2824 sec.

http://bigforums.org/