文化運動を進める

 文化を広狭二つの意味に使ひ分けねば、文化運動を進める上に種々の不便がありますが、更にそれだけでは解決のつかぬ問題があります。それは、今日国家としての重大問題の中に所謂文化問題が含まれてをり、翼賛会は、翼賛運動・国民運動として採り上げらるべき文化問題、例へば国語の問題、少国民の問題、婦人問題、或は更に国民生活の問題、対外文化事業の問題と重点的に掲げてをりますが、これらは何れも広義の文化の上に立ち、同時に狭義における職域の文化部門に関係もあり、更に国民全体がこれに協力すべき分野なのであります。 又、文化といふ言葉が今日までは主として国境を越えた人類の理想といふやうな目標を掲げてゐたために、日本の近代文化が甚だしく民族性乃至国民性から遊離してゐた事実があります。私は、日本的性格に近代的特質を十分調和させて行くことが大事であり、重要な点だと思ひます。即ち文化運動は大政翼賛運動である意味に於て日本的性格を十分持つてゐなければならない、同時に明日の世界を創造する普遍性を持たせる意味に於て近代的生活をやつて行かねばならない。そこに今日の国民文化運動の目標が自から明瞭りすると思ひますが、これを更に具体的に考へると、大体三つの目標が考へられます。これは今日までの日本の所謂近代文化の領域に於て最も欠けてゐる部分なのであります。 第一は文化部門の政治への教育、即ち政治の文化性であります。これは今日までたゞ批判として述べられてゐましたが、最早批判の時代ではありません。少くもわれわれ国民全体が大政を翼賛し奉るといふ意味に於て、日本の政治をよくするも悪くするも国民の責任であります。かゝる意味で文化部門の者がそれぞれその智嚢を傾けて政治への教育をすることが必要であると考へます。 第二には、狭義の文化部門が各職能人の専門的孤立に陥らず、十分の連絡交流を図ることであります。 第三はこの文化部門が国民生活に十分に根を下すやうなものにならねばならぬことでありまして、今日までは動もすれば文化が生活から遊離し、文化部門が国民大衆と無縁のものであるかの如き印象を与へてゐたことを、十分反省せねばならぬと思ひます。かくしてこそ真の意味での大衆の文化部門における向上が期せられることを確信するのであります。 文化各専門部門が相互に連絡交流し、しかも一般国民生活に根を下すこと、この二つが第一の文化の政治性を取戻すことかと思ひます。

— posted by id at 02:26 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1694 sec.

http://bigforums.org/