地方文化運動の具体的目標

 地方文化運動の具体的目標は、私は所謂「生活力の強化」の一点に帰著すると思ひます。生活力の強化が生活文化水準の向上に一致するといふ確信をもつて進むべきであります。文化水準の向上はともすると経済的にばかり考へられてゐたのでありますが、これは文化を誤つて考へたもので、かゝる考への誤りを具体的に示すことも文化運動として非常に大事なことゝ思ひます。 生活力の強化と生活に於ける文化水準の向上が全く一致することを、理論的にも実践的にも示し得るのは、所謂道徳・科学・芸術の面であります。例へば物資の欠乏が国民の生活力を弱体化せず、寧ろ如何に強化するに役立つかを示し得るのは、経済或は政治方面の専門家指導者ではありません。同時に、生活の簡易化といふことも、経済的立場から無駄を省くといふ宣伝では、国民の希望に副ひ難く、生活の簡易化即ち生活の芸術化であることが明瞭り現象として示されねばならぬと思ひます。 生活力の強化を更に考へてみれば、第一に勤労を含めた生活能率の増進、第二に肉体的精神的健康性の向上、第三に生活を通じて国民の品位を高めることが重点として考へられます。 今日の時局は生産の面のみでなく、消費の面に於ても能率の増進を要求してゐます。更に人口増殖、士気昂揚等、戦争に欠くべからざる条件を充たす為に肉体及び精神の健康性が十分発揮されなければなりません。又、国民の品位といふことが誤られ、今日まで精神的に考へられ得なかつたのではないかと思ひます。教育の立場から多少考へられてゐたとは云へ、曾ての日本人が重んじた程今日の日本人は品位について思ひを致してゐるとは、信じられません。その結果、日本人の大陸発展に際して由々しい問題を惹起してゐることは誰も知つてゐることであります。更に東亜の指導民族を以て任ずるものが、他の民族に対して今日あるやうな生活の品位に止まるならば、憂ふべき状態であります。私はこの品位はわれわれが生活の中で一つの力として養ふ工夫をしなければならぬ、飾りものでない力そのものだと考へてをります。 以上重点をあげた文化運動は、所謂文化職能人の独占すべきものではなく、寧ろそれらの人の自己反省から出発しなければならぬと思ひます。奇矯な或は脆弱な文化意識が少しでも残つてゐる間は、文化運動の先頭に立つことが出来ないのではないか。生活の理想を個人的幸福に置き、或は社会の改造を単に経済的物質的水準の向上に置いた今日までの文化意識は、全く払拭しなければならぬ。それらを環境づけることを文化能力だと思つてゐた誤りを再び繰り返してはなりません。

— posted by id at 02:28 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1643 sec.

http://bigforums.org/