自然の環境を快適にすること

 日本人は元来自然の環境を快適にすることに非常に無関心であつたが、西洋文化の輸入以後、これを一つの文化水準の向上と考へ、かうした脆弱な文化意識が瀰漫しました。本来生活環境に順応し、しかも自らの裡に一つの快適な心を養つて行くことに日本人は特色をもち、またそこに日本文化が光つてゐた。如何なる環境に処しても、胸中一味の涼風を感ずるこの心境は日本人の独擅場でありました。しかしこの傾向は一方に於て、社会をより住みよくする、より合理的にする努力を非常に遅れさせ、寧ろ無関心にさせました。この生活環境に安んずる特性を持ちつゝ、更に一歩を進めて、もつと日本を住みよい国にする、個人の力では立て得ないが、国民全体がその気になれば出来るといふ新しい希望を私は創り出すべきだと思ひます。かくてこそ日本の新文化が世界文化を支配しうると考へるのであります。 今や日本の運命は一躍発展の段階に入り、目指すものは儼として明かであります。東亜の諸民族を指導して世界の平和を樹立するためにわれわれは戦ひつゝあることが非常に明瞭りしてきました。文化も亦戦ひを前提として戦ひを内容として創造されなければなりません。生活力の強化は明日への民族的発展上不可欠の要件であり、精神と技術をこれに集中することが、今日文化職能人に課せられた任務であります。鎌倉武士の生活と文化が今日一種の見本としてわれわれに思ひ泛べられますが、単純で而も厳粛であり非常に深味をもつてゐる生活と文化は一面われわれが求めて已まぬ文化の姿ではないかと思ひます。この日本の武士の生活と文化が築き上げてきた一つの力を、今日如何に活かすかをお互に大いに研究しなければなりません。 まだ種々申し上げたいことがありますが、文化運動の方針について以上申上げて終ります。

— posted by id at 02:30 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1803 sec.

http://bigforums.org/